スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピン・ミスチーフ礁と米軍基地問題 -海兵隊がいなくても島は取られないかも- 【短評】

 普天間基地問題において、よく聞くのが、【普天間基地が撤退したら、日本は中国に領土である島嶼を占領されてしまう】というものです。
 もちろん論者によってニュアンスは違うのですが、その際よく持ち出されるのは、「ミスチーフ環礁」の件です。要するに、フィリピンから、米軍の海軍・空軍基地を撤退させたとたんに、中国がフィリピン近くにあったミスチーフ環礁を占拠したという事件です。日本も二の舞じゃね、という主張のようです。なるほど大変です。
 背景には、「1995年まで,南シナ海での衝突は,いずれも中国とヴェトナムによるものだった.だから大半の西側アナリストは,中国政府は南シナ海での軍事行動を,当時,国際社会で孤立状態にあったヴェトナムだけに限定していると思いこんでいたのだった」というのがあるそうで (注1)。

 でも、なんだか気になります。米軍撤退がそのまま、中国による環礁占拠につながるのでしょうか。実際、もしこの場所が軍事的要衝なら、アメリカから奪還協力要請を、「スプラトリー諸島は同条約の範囲外であるとして,これを断ら」れてしまうようなことはないはずなのです(同上)。一回検証してみましょう。
 Wikipediaには、「1995年に中国は、フィリピン海軍がモンスーン期でパトロールをしていない時に、ここに建築物を建造した」とあります(英語版wiki:"In 1994, the PRC built initial structures on stilts here while the Philippine Navy wasnot patrolling the area due to a monsoon season.") (注2)。ニュースソースとして、Wikipediaは適当ではないかもしれませんが、攻め落とされたとか、そういったことではなく、パトロール中の隙をついて占領した、というのが実情のようです。まさか、そんなのはウソのような気もします。
 では、黄岩島での事例を検証してみましょう (「黄岩島 - Wikipedia」を参照)。
 「1997 年4月30日、フィリピンの二人の衆議院議員が軍艦に乗って黄岩島に上陸、旗と碑を立てて、中国漁民の妨害と威嚇を行な」い、「1999年6月、フィリピン教育部は新しい地図に黄岩島と南沙諸島を版図へ入れた。8月、フィリピン政府は「南沙諸島はフィリピン領土」である旨の憲法改正によって領土拡張を試み」、「2000 年、フィリピン海軍が中国漁船船長を1名射殺」と、フィリピンは随分、中国に立ち向かっています。これを知ったら、日本の中国嫌いの人たちもさぞかしお喜びのはずです。
 少なくとも、フィリピンは2000年くらいまでは、中国に対しては、行動的態度で一応は応対していたようです。となると、「フィリピン海軍がモンスーン期でパトロールをしていない時に」占領したという説も、間抜けなように聞こえますが、フィリピンがすくなくとも2000年当時、中国にある程度まで伍していたということになるわけですから、なんだか本当のように聞こえてしまいます。
 ここから推察されるのは、アメリカ海軍云々はそれほど関係ないのであって、ミスチーフ環礁の件は、むしろフィリピン側の対応不足と読むべきなのだろうと思います。実際、この島が奪われたのは、「1995年1月、中国軍がパラワン島沖にあるフィリピンの主要石油埋蔵地から150マイル足らずのスプラトリー諸島にあるミスチーフ環礁からフィリピン漁民を追い払い」 とあるように、艦船同士の衝突等とは関係ない状況で起こったと思われるからです (注3)。

 この問題は、米国の撤退のことよりも、フィリピン側の防衛・監視体制の不備が原因です。黄岩島を見ると、おそらく、米軍とフィリピン軍の「引継ぎ」不足こそ原因と見るべきでしょう。米国の基地撤退ももちろん一つの遠因ではありますが、それ以上に、重要な要衝である(はず)の場所に対するフィリピン側の防衛体制の甘さに、最大の要因があるでしょう。
 極論を言うなら、現在の中国がしているような、ミスチーフ環礁の「要塞化」ぐらい検討すべきだったのだと思います。本当に取られたくなかったなら、財政難でもそうするべきだったでしょう。もっとも、当時「大半の西側アナリストは,中国政府は南シナ海での軍事行動を,当時,国際社会で孤立状態にあったヴェトナムだけに限定していると思いこんでいた」ようなので、中国に他国が警戒を怠らない(はず)の現今には、ミスチーフ環礁の件は、あまり事例として使えないような気もします。あの時とは違い、みんな中国を警戒している、という違いがあるのです。
 ともあれ。教訓は、①米軍基地撤退の際はきちんと期間を設けて軍事的引継ぎをすること、②本当に重要な島嶼は緊密な監視(場合によっては要塞化)が必要であること、です。ミスチーフ環礁の件は、【米軍基地撤退絶対ダメ】という教訓よりも、【撤退する前に準備はキチンとねッ d(・∀・*)】という教訓がふさわしいでしょう。

 結論:普天間の問題と、当時のフィリピンでの基地の問題とは、結びつきの薄い問題です。①当時と現在との中国に対する警戒の度合が異なること、②後者の場合、米軍の存在というよりも、フィリピン側の警戒が甘かったのが原因であること、以上2つの理由です。


(注1)項目「中国海軍」『軍事板常見問題&良レス回収機構』様を参照。

(注2)「ミスチーフ礁 - Wikipedia」を参照。

(注3) 「うみのバイブル第3巻」『日本財団図書館』様。
     なお、拙稿よりもずっと早く、中国のミスチーフ環礁占領に対する俗説に対して、批判したものが存在します。「安易な「米軍基地撤退後のフィリピン」を真に受ける無知なテレビ評論家たち」(『いい国作ろう!「怒りのぶろぐ」』様)です。是非、ご参照ください。


 (追記) 「本当に重要な島嶼は緊密な監視(場合によっては要塞化)が必要である」と書きましたが、この点をきちんと説明したものとして、「井上孝司の Defense Column~ 日本に CTOL 空母が必要か?」があります。曰く、

「尖閣諸島に対する中国の軍事力行使が心配だというのなら、空母なんぞ建造するよりも、九州や沖縄の基地に弾薬やスペアパーツを大量に事前集積しておき、緩急あるときには本土の基地から戦闘機と人員だけ派遣できるようにすればよい。いわゆる「不沈空母」の発想だ。」

 なお、【普天間基地が撤退したら、日本は中国に領土である島嶼を占領されてしまう】という議論ですが、フィリピンの場合、撤退したのは「米軍の海軍・空軍基地」なんですよね。海兵隊の基地は、じゃあ不要ってことですかね。どうなんでしょ。

2010/10/17 題名含め、改訂

コメント

あんたこそもちつけ(笑

自国民すら「六四天安門事件」で虐殺し、チベットで民族浄化まがいの事を行っている国がすぐそばにあるという事実から目をそらしてどうするのかね?
さらに中国にとって日本はフィリピンよりはるかに邪魔。
おまけに言うなら日本には九条があるので仮に中国が何か行動した場合に対抗するのが難しい。
当然中国の支援を受けている朝鮮総連も平和を名目にいろいろな運動を起こすだろう。中国がその程度のことすらやらないと思っているならあんたの知能が低いと考えざるを得ない。
米軍の存在が気に入らないのは同感だが、米軍を撤退させるには条件が足りなすぎるよ。
最低でも憲法改正と朝鮮総連の解体、幹部の国外追放、在日中国人の行動の把握程度は必要。

あんたこそもちつけ(爆

 別に頼んでもいないのに、コメントを頂き、ありがとうございます。なかなか面白いジョーク、拝見しました。
 面白ついでに、少し真面目に反論してみましょう。

> 自国民すら「六四天安門事件」で虐殺し、チベットで民族浄化まがいの事を行っている国がすぐそばにあるという事実から目をそらしてどうするのかね?
 その国と密に貿易を行っている日本国の現状から、目をそらしてどうするのかね?、といっておきましょう。そのような国と、貿易していてよいのですかね?

> さらに中国にとって日本はフィリピンよりはるかに邪魔。
 情報ソースを要請します。まあ、たいしたものは見つからないでしょうが。

> 当然中国の支援を受けている朝鮮総連も平和を名目にいろいろな運動を起こすだろう。中国がその程度のことすらやらないと思っているならあんたの知能が低いと考えざるを得ない。
 「当然中国の支援を受けている朝鮮総連」の正確な情報ソースを要請します。
 あと、中国がこの程度のことしかやらないと思っているなら「あんたの知能が低いと考えざるを得ない」ですな。そんなさもしいことしかやらない国家なら、安心しますよ。

> 米軍の存在が気に入らないのは同感だが、米軍を撤退させるには条件が足りなすぎるよ。
 中国の存在が気に入らないのは同感だが、人のブログにコメントするには能力が足りなすぎるよ、と(笑)
 あと、こっちが書いていたのは、「米軍を撤退」じゃなくて、海兵隊の県外移設なんだけど。書き込むブログ間違えていますな(笑)

> 最低でも憲法改正と朝鮮総連の解体、幹部の国外追放、在日中国人の行動の把握程度は必要。
 最低でも人のブログの文章をちゃんと読む読解力と、きちんと物事を考える発想力は必要(笑)
 憲法改正より先に、自分の力を磨く方をもっと重視した方がいいと思います。他の憲法改正論者の人に失礼だと思います ε-( ̄ヘ ̄)┌

No title

とりあえず異論に対して、失礼な回答をしているのはブログ主さんであって、
最初に書いた人ではないと思いますが。
そこまで逆上して必死になるということは、図星ということなのでしょうね。

Re: No title

> とりあえず異論に対して、失礼な回答をしているのはブログ主さんであって、
> 最初に書いた人ではないと思いますが。
> そこまで逆上して必死になるということは、図星ということなのでしょうね。

 頼んでもいないのに、コメントありがとうございます。
 「思う」のは勝手ですが、上記内容にきちんと言及もせず、
 「逆上」だの「必死」だのと書くことのできる「ゆとり」っぷりは、
 もうそろそろ、卒業されてはいかがでしょうか。

No title

今の時点で現状を見ると中国はアメリカの発言には敏感になっているから
このブログ主の主張である米軍(海兵隊)は領土問題に関係ないは間違っていたことになるね。
あとフィリピンの件と違ってアメリカが地上軍を撤廃していつでも離脱可能な空海軍のみの駐留に変わったら
間違いなく日本は周辺国の圧力にさらされることになるね。

ガッカリ。

ブログ主ですが。

> 今の時点で現状を見ると中国はアメリカの発言には敏感になっているから
> このブログ主の主張である米軍(海兵隊)は領土問題に関係ないは間違っていたことになるね。

 「今の時点で現状を見ると」っていうのは、「頭痛が痛い」みたいな何かでしょうか。
 で、「ブログ主の主張である米軍(海兵隊)は領土問題に関係ない」って一体どこに書いたんでしょうかね?w
 読む限り、貴殿の読解力(あるいは貴殿の視力)も、「頭痛が痛い」レベルのアレなものだと思われます。
 もう少し丁寧な批判というのをお願いしたいところです。
 久しぶりに来たコメントがこんな程度のものだなんて、頭痛が痛いです。

> あとフィリピンの件と違ってアメリカが地上軍を撤廃していつでも離脱可能な空海軍のみの駐留に変わったら
> 間違いなく日本は周辺国の圧力にさらされることになるね。

 上の書き方だと、海兵隊は常に基地に常駐している地上軍であり、空海軍はそうではない、みたいに読めるのですが。
 立論がおかしい上に、事実認識もおかしい、しかも、人の文章をロクに呼んでいない、いやあ、頭痛が痛いです。
 説明がめんどくさいので、URL貼っておきますね。
http://p.tl/i0nM
 ついでにこういうのも。
http://p.tl/u0or
 まあ、言っても読まないか、読んでも誤読してくれるのでしょうが。
 そう考えると、頭痛が痛いです。

ブログ主様、初めまして!

このブログへの投稿を見ても分かりますが、「米海兵隊には尖閣防衛の任務がある」と勘違いしている人が多いようですね(苦笑)

日米同盟:
未来のための変革と再編
(仮訳)
2005年10月29日
ライス国務長官
ラムズフェルド国防長官
町村外務大臣
大野防衛庁長官
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/henkaku_saihen.html

>>日本は、弾道ミサイル攻撃やゲリラ、特殊部隊による攻撃、島嶼部への侵略といった、新たな脅威や多様な事態への対処を含めて、自らを防衛し、周辺事態に対応する。これらの目的のために、日本の防衛態勢は、2004年の防衛計画の大綱に従って強化される。※転載終了

「島嶼部への侵略は日本が自力で対処しなければならない」と9年前に決められております。

で、尖閣諸島は紛れもなく「島嶼部」なわけですが。

Re: ブログ主様、初めまして!

> このブログへの投稿を見ても分かりますが、「米海兵隊には尖閣防衛の任務がある」と勘違いしている人が多いようですね(苦笑)

> 「島嶼部への侵略は日本が自力で対処しなければならない」と9年前に決められております。


管理人です。

問題の焦点は、終局、日米安保条約の機能に集約されると理解しています。
尖閣諸島について、「(米国の対日防衛義務を定めた)日米安保条約第5条に基づく責任を再確認する」というのが、米国側の現在までの言い分のようです。
尖閣諸島も日米安保条約第五条の範囲だぜ、とか言っています。

問題は、その第五条の解釈内容であり、「適用範囲内」という言葉の問題になるわけです。
安保条約第五条の適用は、「「戦争」の認定をした場合の米軍出動は議会の承認が必要」であり、「「尖閣諸島でもし武力衝突が起きたなら初動対応として米軍が戦線に必ず共同対処する」とは記述されていないし、「むろん「出動しない」とも記述されていない」。
要は玉虫色なのが現状です。
(詳細はwikipediaのhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%96%E9%96%A3%E8%AB%B8%E5%B3%B6%E5%95%8F%E9%A1%8C#.E3.82.A2.E3.83.A1.E3.83.AA.E3.82.AB.E3.81.AE.E7.AB.8B.E5.A0.B4に詳しい。)

大体、以上です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。