スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小論:江畑先生と斬首戦略、について -普天間基地の問題-

■前段■
 某掲示板の記事のコメ欄の方で、なぜか、拙記事へリンクが張られていました。どうやら、故・江畑謙介氏の普天間基地問題への言及ということで、取り上げられたようです。本当の出典元は、「軍事板常見問題&良レス回収機構」様なのですが。
 詳細は、拙稿「仮説的に、九州への代替基地移設の可能性を考える」か、出典元をご参照ください。
 その際こちらは、「全部とは述べておりませんが、大半の海兵隊を九州に移設させることは可能かもしれない、と江畑氏は述べていたようです。グアム移設分も考慮すると、残りの部隊の九州移設は、実現性が高いように思います。」と書いています。
 それに対して、コメ欄には、

>162
でも、結局徳之島案も鼻で笑われる程度でおしまい、グアム移転もありえない。
主力は相変わらず沖縄。
江畑さんにしたって“大半移せるかも”というだけで、結局一部は残すというアイデア。
(やっぱり、ヘリですぐに行ける先遣隊は必要ということだろうね)
江畑さんでも間違いがないわけじゃないし。
Posted by 名無しT72神信者 at 2010年09月06日 19:56:53

 このブログのコメ欄の評判の良く無さについては説明するまでもありませんが、とりあえず、この江畑先生への敬意の無さは、気に食わないものがあります。それに、解釈にも問題があるように思います。実際、

# >167
>やっぱり、ヘリですぐに行ける先遣隊は必要ということだろうね
エバケンはそんなこと一言もいってないぞ。
Posted by 名無しT72神信者 at 2010年09月07日 00:14:09

 というコメ欄の突っ込みもあるようですので、一回検証してみます。こういうツッコミがきちんとある点、素晴らしいですね。

■本題■
 「主力は相変わらず沖縄」という"信仰告白"については、ノーコメントです。結局政治的な問題に過ぎない、というのがこちらの考察するところですが、これも置いておきましょう。弊ブログの主張については、例えば「普天間」を検索していただければと思います。
 さっそく、「(やっぱり、ヘリですぐに行ける先遣隊は必要ということだろうね)」という薄弱な推論を検証してみましょう。(ただし、以前に書いた時とは少し考えが違いますので、その点ご注意ください。)
 まず、こちらの知る限り(たいして知ってませんが)、江畑先生による斬首戦略へのコメントは、聞いたことがありません。
 ただ、「この案を実現するためには,「いつでも海兵隊が沖縄ないしは日本にやってこられる」という能力を具体化し」と述べているので、沖縄に海兵隊を集める必要性がないような読み方が可能ですし(あくまで「可能」ではありますが)、「実際問題として,高速輸送艦の実用化により,こと東アジア地域においては,米海兵隊の基地が沖縄にあろうが九州にあろうが,移動に要する時間はそれほど違わないという条件になってきた.」というのを読む限り、やはり、江畑先生は斬首戦略をあまり気にしていない、というべきではないでしょうか。気にする人は、こんな書き方をしないと思います。
 「既に九州の日出生台演習場には海兵隊砲兵部隊が実弾射撃の訓練のために,ほぼ定期的にやって来ている.それが面倒なので,砲兵部隊だけでも本土に移転させたらどうだろうという案が日本側から出ている.ならば,いっそのこと沖縄の海兵隊部隊の大半を,九州に移動させるという方法も検討してみる価値があるだろう.」と書いていますし、「海兵隊の遠征部隊(MEU)を載せる揚陸艦部隊が佐世保を母港としているなら,九州に沖縄の海兵隊部隊を移転させるという方法も考えられるのではないか」とも書いています。
 読解の可能性として、「現状は海兵隊の大半のみを移動→将来的には全部も視野に」と読みうるのではないかとこちらは考えます。「沖縄の海兵隊部隊の大半を,九州に移動させるという方法も検討してみる価値がある」というのは、「砲兵部隊だけでも本土に移転させたらどうだろうという案」に対応した言及であって、「実際問題として,高速輸送艦の実用化により,こと東アジア地域においては,米海兵隊の基地が沖縄にあろうが九州にあろうが,移動に要する時間はそれほど違わない」という言及を見れば、将来的には、その可能性は否定できないと思います。
 まあ仮に、「大半のみの移動が限界」説だとしましょう。しかし先生は、「高速輸送艦の実用化により,こと東アジア地域においては,米海兵隊の基地が沖縄にあろうが九州にあろうが,移動に要する時間はそれほど違わないという条件になってきた.」といっておりますし、それに、斬首戦略を当時先生が知らなかったとは考えにくいのです。
 とすると、やはり、【斬首戦略があったから、沖縄に海兵隊を残留させたのだ】という理由付けは考えにくいのではないでしょうか。
 さらに補足情報として。江畑先生は、「当時はまだ「プレゼンス」という概念,すなわち,そこ(沖縄)に常に存在している(周辺地域にその存在を見える形で示し続ける)という点が重要で,この方式はあまり現実的ではなかったが,時代は変化した./本文で述べたように,従来の恒常的プレゼンスの概念に代わって,必要な時にその場に米軍戦力が展開できるような能力を維持することが重要と考えられるようになってきた./それならば米海兵隊は沖縄に常駐している必要はないはずである.装備はオハンロン/モチヅキ案のように,事前集積船に搭載しておけばよい./だが,この案を実現するためには,「いつでも海兵隊が沖縄ないしは日本にやってこられる」という能力を具体化し,示して見せねばならない.」と述べています(前掲)。
 これを読む限り、ここでも斬首戦略は気にされていないのです。「いつでも海兵隊が沖縄ないしは日本にやってこられる」という能力を具体化することが条件ですが、常駐の必要性はないようなのです。
 以上、読解の可能性として、江畑先生が「全部九州移設」説を考えていた可能性は、ありうるのではないかと考えます(異論はありうるでしょうが)。そして今のところ、先生が斬首戦略を考慮に値するだけの一件と認めていたかといえば、その可能性はかなり低いでしょう。
 前者の異論は認められますが、後者は正直認め難いです。

(了)

コメント

No title

週間オブイェクトのコメント欄で面白い書き込みを見つけました。

http://obiekt.seesaa.net/article/139086985.html
「フェリーは最適な状況で飛べるし、搭載重量なんかも移動重視に出来るけど、作戦行動となると経済性無視ですからねえ・・・

ヘリよりは優秀とはいえティルトローター機も機構がかなり複雑で大掛かりですし、機体規模に比べて人員という非効率な搭載物を運ぶ影響上、スペースが潰れるのでなかなか難しい所があるのでしょう。

また、米軍が実用作戦距離に気を配るのは昔イーグルクロー作戦でヘリがトラブルを出して作戦失敗というハメに陥ってるというのも大きいかと。あれは不向きな機体と砂嵐という要因があったにせよ、一機は油圧不良で使えない等した為に作戦投入数を割り込み作戦断念。

データ上はなんとか飛べるからといって実際にヘリを長々飛ばすというのもかなり作戦遂行に問題が。
給油までして連続運用なんかして途中で問題が出たら一部の脱落でも総定数を割り込み全部隊撤収作戦失敗に陥りますからね。

この過程で米軍はC130にロケットをつけて無理やり作戦遂行しようとして試験中にYMC-130Hを3機中2機失うという惨事もおこしていてオスプレイへの期待はかなり大きい様で。」

要するに、作戦達成が不可能な戦力しか投入できないのであれば、アメリカは作戦を諦めるわけです。まあ当然の話ですが。
で、これは例の斬首作戦にも当てはめることができますよね。
もし台湾に十分な兵力を送り込むことができないなら、中国も作戦を諦めると。
つまり斬首作戦を防ぐには、中国軍が台湾に増援を投入するのを邪魔すればいいのです。
台湾に兵力を送り込む方法は、ヘリや輸送機を使っての空挺作戦か、輸送船団を連ねての上陸作戦になります。
これらの戦力の台湾上陸を阻止できるのは、やはり佐世保の第七艦隊と沖縄の第五空軍になるでしょう。海兵隊のヘリ部隊ではありません。
仮に斬首作戦の以前から台湾に少数のテロ部隊を侵入させていたとしても、台湾軍や米軍の妨害によって中国軍の増援が来なければ、結局持続性のない一発屋的なテロになるだけです。
敵中で孤立したテロ部隊なんてすぐ鎮圧されます。
まさしく、岩井さんが言っておられるように、斬首作戦よりもテロを警戒しろ、というのが正しいと思います。

ところで、ヘリのトラブルに気を使えるなら、まずオスプレイの稼動率を見るべきではないでしょうか。
オスプレイはイラクでの実戦運用では稼動率60%という低さだったらしいです。トラブルを恐れて飛ばせなかったのでしょう。

http://www.kojii.net/news/news090626.html
「米 GAO (Government Accountability Office) が、V-22 Osprey に関する報告をまとめた。
先に海兵隊が実施したイラク派遣では、比較的脅威度が低い環境下で速度性能・航続性能が改善されたメリットを発揮できたと認めている。
ただしその一方で、以下のような問題点・疑問点を提示。

コンポーネントの不具合やサプライチェーンの不備に起因する稼働率低下
(イラクに展開した 3 個飛行隊がそれぞれ、68%・57%・61%。目標値は 87%。CH-46E は 85%)」

Re: No title

> 大島様

またもや返信ありがとうございます。

> 週間オブイェクトのコメント欄で面白い書き込みを見つけました。

> ヘリよりは優秀とはいえティルトローター機も機構がかなり複雑で大掛かりですし、機体規模に比べて人員という非効率な搭載物を運ぶ影響上、スペースが潰れるのでなかなか難しい所があるのでしょう。

> データ上はなんとか飛べるからといって実際にヘリを長々飛ばすというのもかなり作戦遂行に問題が。
> 給油までして連続運用なんかして途中で問題が出たら一部の脱落でも総定数を割り込み全部隊撤収作戦失敗に陥りますからね。

のりものの事情は良く分かりませんが、大変なのですね。
ところで、コメント欄の方は、続きとして以下のように書いています。

>台湾要人救出の場合、一部要人を海外脱出させるというのも考えるでしょうし、
>やはりヘリみたいな運用が出来るものがほしい所でしょう。輸送機だけでは厳しい。
>撤退の自由度もありますし。イーグルクローでもヘリは帰還途中で乗り捨てるプランでしたから。

ここら辺の記述は、どう理解したらいいのですかね。素人なもので。
また、

>つまり斬首作戦を防ぐには、中国軍が台湾に増援を投入するのを邪魔すればいいのです。
> これらの戦力の台湾上陸を阻止できるのは、やはり佐世保の第七艦隊と沖縄の第五空軍になるでしょう。海兵隊のヘリ部隊ではありません。

とのことですが、斬首戦略論のひとたちは、戯画的にいうと、
 北京側特殊部隊、ヘリで急襲→台湾側の要人確保→政治的に大陸側に台湾併合→対応間に合わない米国は、それを知り軍隊派遣を断念→大陸側「ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ」
とお考えなのですから、上記のことは、念頭にないと思います。
これまでこちらが指摘してきたのは、この流れがいかにご都合主義なのか、という点です。要するに、ディテールへの検討がおろそかじゃないの、ということです。

No title

返事が遅れました。

最近気づいたのですが、高性能とされているオスプレイでも、途中で給油しない限り、沖縄に帰ってこれません。
オスプレイの航続距離は兵員を載せて約1100kmなのですが、普天間から台湾までの直線距離が約650kmで、往復1300km・・・。
まさか燃料は台湾で現地調達するんですかね?

Re: No title

> 返事が遅れました。
> 最近気づいたのですが、高性能とされているオスプレイでも、途中で給油しない限り、沖縄に帰ってこれません。
> オスプレイの航続距離は兵員を載せて約1100kmなのですが、普天間から台湾までの直線距離が約650kmで、往復1300km・・・。
> まさか燃料は台湾で現地調達するんですかね?

 専門外のことなので、まあ適当に書きますが。
 「US-2飛行艇『兵員輸送型』の可能性? http://obiekt.seesaa.net/article/144314166.html」(『週刊オブイェクト』様)によると「V-22オスプレイの作戦行動半径は370海里程度」と書いてあります。片道685km程度になるんですかね。もしそうなら、普天間~台湾間で届くことになりそうです。まあ、分かりませんが。

 それはそうと、最近自分の書いた文章のコピペが使われていたことを知りました。
 このコピペに対して、反論とかしている文章を見かけたので、遊んでみました。
 詳細、拙稿「アフガンでの「斬首戦略」は、台湾版には使えない? http://webrog.blog68.fc2.com/blog-entry-122.html」をご参照ください。

No title

いや実は、私がオスプレイの実用上の航続距離が足りないということを知ったのもそのJSFさんのサイトでして(笑)
片道685kmというのは、おそらく、燃料を減らし、兵員も乗せない状態での数字と指摘されています。
まさか、斬首作戦を阻止しに行くのに、海兵隊を乗せないわけにも行かないでしょう。
実戦では燃料も満載にしなければならないし、また装備や食料弾薬だって積まなければならないのですから、もっと重くなる=航続距離が落ちるはずです。
685kmは実用上あまり意味が無い数字と思いますね・・・。
そもそも、軍用機は燃料ギリギリの行動は取らないもんです。
もしトラブル(方位を見失って迷ったとか)が起こって燃料が足りなくなったら、海にドボンか、敵中で降下してブラックホークダウンやる羽目になりますから。
やっぱり兵隊を運ぶにはお船がいいです。

海兵隊はMV-22Bオスプレイの最大作戦行動半径を370nmと認識
http://obiekt.seesaa.net/article/139086985.html

「MV-22Bは約370nm(685km)、CH-46Eは約80nm(148km)が最大作戦行動半径であると、海兵隊は認識しているようです。CH-46Eはメーカーの掲げる数値と同じですが、MV-22Bの数値は開発元ボーイングとベルの主張する数値と異なっています。英語版Wikipediaなどで作戦行動半径(Combat Radius)を370nmとしているのは、海兵隊の数値を元にしている模様です。そしてMV-22BとCH-46Eともに満載状態での輸送任務の数値ではなく、輸送物資や人員を減らした上での数値となっています。」

「Congressional Research Service; RL31384, V-22 Osprey Tilt-Rotor Aircraft: Background and Issues for Congress.November 25, 2009
http://www.fas.org/sgp/crs/weapons/RL31384.pdf
"The Osprey has shown that it can carry an operational load of 24 combatloaded Marines out to a combat radius of 300 nautical miles at altitudes above the small arms and rocket-propelled grenade threat envelope; this dwarfs the 75 nautical mile radius of a CH-46E loaded with twelve Marines operating right in the heart of the enemy’s threat envelope."

MV-22Bオスプレイは定員一杯の24名の海兵を乗せて300nmの作戦行動半径、CH-46Eは75nmの作戦行動半径とあります。

これで今月号の軍事研究2010年2月号で航空評論家・青木謙知氏のV-22オスプレイ解説記事での、56ページにMV-22Bについて「24名を乗せて325海里を行動半径にする」とある記述に近い数値となりました。

そうすると海兵隊はMV-22Bオスプレイの最大作戦行動半径を370nmとしつつ、実用上はそれ以下(300~325nm)としていると、見るべきなのかと思います。どうもボーイングの掲げる作戦行動半径430nmという数値は、看板に過ぎない可能性が高いという事なのでしょう。」

Re: No title

> いや実は、私がオスプレイの実用上の航続距離が足りないということを知ったのもそのJSFさんのサイトでして(笑)
> 片道685kmというのは、おそらく、燃料を減らし、兵員も乗せない状態での数字と指摘されています。

> もしトラブル(方位を見失って迷ったとか)が起こって燃料が足りなくなったら、海にドボンか、敵中で降下してブラックホークダウンやる羽目になりますから。
> やっぱり兵隊を運ぶにはお船がいいです。


 コメントありがとうございます。
 「海兵隊はMV-22Bオスプレイの最大作戦行動半径を370nmと認識」の、コメ欄のぞいてみました。( http://obiekt.seesaa.net/article/139086985.html )

 意見として、
>およそ700~800キロか・・・それでもSH-53Eの戦闘行動半径を超える事はないんだね。
>こりゃあますます普天間の移転先が辺野古に限られてくる訳だ。
>Posted by 名無しT72神信者 at 2010年01月23日 11:10:36
 というのがありました。たぶん、空中給油するつもりなんでしょうね。で、距離が短い沖縄が一番、というお考えなのでしょう。給油で何とかしたいようです(できるのかしら?)。あるいは、兵士の安全より、台湾要人が大事ってことでしょうか。どのみち、米国海兵隊員の皆様可哀想。

 実際、別のコメでは、
>性能的な問題や実際に作戦をやってトラブルで台無しになって大目玉くらった経験から
>以北配備は実用的に避けるだろうね。
>砂漠ではないけど日本近辺の海域もかなり荒々しいので、沖縄台湾間でも大変なのに、
>それに加えて九州沖縄間の気象状況まで加味し、しかも往復に使わないといけないのに
>長時間フル稼働させるとか、そういうのはかなり作戦に問題を発生させ易いんですよね。
>また、距離があまりに開いてしまうとヘリの移動は遅すぎるので1時間単位の影響が出る。
>そういう兼ね合いから中国への台湾・魚つり島へのメッセージ性もかなり損なわれる。
>実際にギリギリ到達出来たとしても中国の思惑に影響しなきゃ意味が薄くなるので得策ではない。
>中国が暴力という暴挙を軽軽しく選ばない為の、東アジア安定の為の平和方策なので、
>そこらへんをどうでもいいみたいにする様なのは受け入れがたいでしょうね。
>Posted by 名無しT72神信者 at 2010年01月24日 08:48:23

 といってます。しかし、「距離があまりに開いてしまうとヘリの移動は遅すぎるので1時間単位の影響が出る」って、1時間のために犠牲にされる沖縄の方々は、それに理解を示してくれるのかどうか。台湾は置いといても、「魚つり島へのメッセージ性」のために犠牲にされる沖縄の皆様なのですね。ああ無情。
「中国が暴力という暴挙を軽軽しく選ばない為の、東アジア安定の為の平和方策」というなかなか羞恥心の足りない一言もあるようで。あら、中国の軍拡も、「米国が暴力という暴挙を軽軽しく選ばない為の、東アジア安定の為の平和方策」だとお認めになるのですね。とりあえず、軽々しく暴力を相互がふるわないよう、米中の話し合いの粘り強い継続をまず先にお勧めしたいところです。お互い不信感で一杯らしいので。
 (なお、こっちの考えでは、沖縄のヘリコプターより、台湾への武器輸出(+ 首府防衛対策への協力)とかをアメリカ様がするほうがずっと効果がある、ということなのですが。)

 ただし、以前取り上げておられたように、
>データ上はなんとか飛べるからといって実際にヘリを長々飛ばすというのも
>かなり作戦遂行に問題が。給油までして連続運用なんかして途中で問題が出たら
>一部の脱落でも総定数を割り込み全部隊撤収作戦失敗に陥りますからね。
というお考えもあるようです。ただし、
>台湾要人救出の場合、一部要人を海外脱出させるというのも考えるでしょうし、
>やはりヘリみたいな運用が出来るものがほしい所でしょう。輸送機だけでは厳しい。
 とも書いておられて、この方も、「距離が短い沖縄が一番」というお考えなのかしら。まあ、分かりませんが。

 なお、更に別のコメ欄では、
>いやいや、370nmが最大値で安全係数を掛けて300nmが実用上の行動半径という話が、GAOとCRSのデータから分かるというのが今回の記事なんだよ。430nmはメーカーのハッタリである可能性が高い。
>何しろ、無く子も黙る鬼の会計検査院と議会調査局のデータなのだから・・・
>Posted by 名無しT72神信者 at 2010年01月24日 05:26:07
とあって、この最大行動半径は信頼できるもののようですね。「無く子も黙る鬼の会計検査院と議会調査局」を信頼します。あって600kmが実質上の行動半径の限界なのですか。了解です。

No title

空中給油のことはすっかり失念してました。
沖縄の海兵隊は自前で空中給油機持ってましたね。

でも、燃料問題が解決しても、そもそも帰ってこれるのかという問題はどうにもなりません。
オスプレイはヘリにしては速度がある方ですが、それでも最大で560kmで、これは第二次世界大戦時の零戦並みの速度でしかありません。
そして、零戦と違い、輸送機のオスプレイは大量に荷物を積みます。
下手しなくても、時速300km台にまで落ちるんじゃないでしょうか(ヘリよりはましですが・・・)。
こんな鈍足なヘリがうろうろしてたら、中国産ミサイルでも楽に撃ち落せると思いますよ。

へりこぷたあ

> でも、燃料問題が解決しても、そもそも帰ってこれるのかという問題はどうにもなりません。
> オスプレイはヘリにしては速度がある方ですが、それでも最大で560kmで、これは第二次世界大戦時の零戦並みの速度でしかありません。
> そして、零戦と違い、輸送機のオスプレイは大量に荷物を積みます。
> 下手しなくても、時速300km台にまで落ちるんじゃないでしょうか(ヘリよりはましですが・・・)。
> こんな鈍足なヘリがうろうろしてたら、中国産ミサイルでも楽に撃ち落せると思いますよ。

 お返事ありがとうございます。
 へりこぷたあ のことは、よく存じません。ただ、「こんな鈍足なヘリがうろうろしてたら、中国産ミサイルでも楽に撃ち落せる」という考えは、間違っていないものと思います。
 ただ、斬首戦略支持者の皆様の想定は、「米海兵隊の大型強襲ヘリコプターCH-53E「スーパースタリオン」」らしいのですが、そこらへんはどうなのでしょう。(給油のために下地島空港をお使いなるそうで)Wikipediaによると、「航続距離 2,070km(空輸時)」と長いですし。「速度(巡航) 150KIAS」と、277.8km/hですか。(まあ、「鈍足」は変わらないかもしれませんけど)
 また、「特殊部隊だけで全てを完遂する作戦は少し考え難いのですが,主力部隊と呼応しての作戦ならば十分に有り得る事です.」ということも書いていたりするらしいので、もしかしたら最悪、ヘリは片道で、あとは台湾軍or米軍と合流して何とかしようかしら、という思惑かもしれません。見殺しにする可能性もありなのでしょうかな。嗚呼米国海兵隊員。
 まあ、このへりこぷたあ の実力については、一回詳しい人に聞いてみてはいかがでしょうか。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。