スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人口問題は怖い、でもデフレはもっと怖い(?!) -藻谷浩介『デフレの正体』評について(2)-

 以下、前回の記事の続き。


■マクロ経済学と期待■

 三点目。藻谷氏は「投資が腐る」なる表現を用いて、ファイナンス理論は期待収益の概念があるのに既存のマクロ経済学は貯蓄があり、投資がなされればとにかく経済成長するという前提を敷いてはいないか?という旨の問い掛けをしている。/藻谷氏は何を言っているのだろう。期待収益率の概念はもちろん割引現在価値、資本係数、長期・短期の均衡実質金利の概念だってあるというのに。

 実際、Wikipediaの現代ポートフォリオ理論の項目によると、 「裁定価格理論は1976年ステファン・ロス(en)によって考案された。期待収益率をマクロ経済学に関係する様々な要因を説明変数とした線形代数の形でモデリングしている。説明変数としてはGDP、物価上昇率、為替レート、失業率などが挙げられる。APTはCAPMと比べて仮定の制限が少ない」とあります。他の用語については、めんどくさいのでお調べください。
 まあ、リフレ派は、期待インフレ率の話をよくやっていますが。
 

■デフレだから円高なんです■ 

終わりの四点目は『リフレ論者』への批判に絡む。藻谷氏は貿易収支黒字・所得収支黒字の話で過去の円高不況に触れながら、現在の国際貿易において端的には中国の低賃金労働力などによりデフレは止まらないと述べる。/藻谷氏は暗に固定相場制を前提に敷き、為替レートの調整を忘れているようだ。為替レートと物価の関係など知らず、ましてや為替介入の際の非不胎化と不胎化の違いなど決して知らないに違いない。

「中国の低賃金労働力などによりデフレは止まらない」というなら、他国は何でデフレじゃなかったんでしょうかね。
 以前引用しましたが、「デフレになったのは、中国から安いモノが大量に輸入されたからだとか、ITなどの技術進歩のためであるといった説明のほうが分かりやすいであろう。しかし、この説明では、日本同様に、あるいはそれ以上に中国から安いモノを輸入し、日本以上にIT革命が進んでいる国がデフレになっていないという事実を説明できない」。(注1)これに尽きます。
 「為替レートと物価の関係」というのは、要するに、国内物価が上昇すると円安、国内物価が下落すると円高、という関係のこと。中国はともかくとしても、【中国の安いモノ・IT技術→値下げ競争→デフレ】というのは、正確ではなくて、因果関係はむしろ次の通り。【総需要不足・デフレの現状→そして円高へ→他国からの輸入品が、実質より安くなる→値下げ競争地獄】。こちらの要素の方が強いでしょう。デフレは、結果ではなくて、むしろ原因として把えるべきですな。
 なお、「不胎化介入」とは、「為替介入に際して外貨売買の結果、自国通貨の量が増減する場合に自国の通貨の増減を相殺するような金融調節を実施することによって、為替介入後も中央銀行通貨量が変化しないようにする外国為替市場介入」のこと。(注2)例えば、「急速な円高に対しての円売り介入では、売りオペで同額の円資金を吸収する」こと。円を売って、そのままにしておくとインフレになるから、それを防止するために、円資金を吸収するわけで。介入しておいて、売りオペ・買いオペをしないことを、「非不胎化介入」といいます。


■つまるところ、人口問題「も」、重要なのです。■
 最後に、「藻谷氏のデフレ・人口オーナス説の疑わしさはロシアを引き合いに出せば充分であろう」とあります。まあ、ロシアのことは分かりませんが、以前こちらは、「「日本が本格的にデフレに陥ったのは1998年から、(略)人口減少ペースはその時点においてはドイツと同程度」「しかしドイツはデフレに陥っていませんし、他の先進国も同様」 ←人口問題で全部を片付けるな、と。」と書き込んでおります (注3)。人口減少している国のうち、デフレにはまってさあ大変、なのは究極的には日本だけです。
 その他、「カナダもオーストラリアも絶賛少子高齢化中だがデフレになってないし経済は成長しています」という反論や、「95年当時、日本より高齢化率の高い国はあったし、その後、日本以外の国でも高齢化が進んだが、デフレなのは日本だけ」という反論もあります(注4)。
 実際、とあるデータによると、韓国とドイツは確かに結構な高齢化です(注5)。はて、両国はデフレでしたっけな。要するに、他国の状況をかんがみると、現在の日本のデフレは、人口問題が主因ではない可能性が高いわけです。もちろん、原因の一つではあるでしょうが。つまり、両方解決すべきなのです。←結論


(注1) 拙稿「「よいデフレ論」は新聞社には好都合 岩田規久男『日本銀行は信用できるか』(1)」より孫引き

(注2) 「不胎化介入 - Wikipedia」より。なお、『Baatarismの溜息通信』様の記事「今回の円高パニックも、原因はデフレと金融緩和の欠如ということです」は、そのタイトルどおり、「経済学者やエコノミストの中には、実質実効為替レートを理由に今回の円高は問題ではないと主張する人もいるようですが、このように実質実効為替レートの意味をきちんと考えれば、円高の原因はデフレであるということを示している」と主張しております。
 然り。円高が問題というより、その根本原因としてのデフレが問題なのですな。こっちを先に解決しましょ。
 (2010/10/16追記: 上の「『『Baatarismの溜息通信』」と表記した箇所ですが、himaginary様のブログ名と間違っておりました。長く気付かずに放置しておりましたこと、お詫び申し上げます。)

(注3) 記事「長期デフレの主因は人口減少と高齢化? - DeLTA Function」へのはてブコメントより。なお、記事本文は消滅しております。
 なお、人口と日本経済との関連については、良記事「人口とGDP」(『himaginaryの日記』様)が読まれるべきです。

(注4) 「404 Blog Not Found:景気の波より人口の波 - 書評 - デフレの正体」への、cybo様と、API様の、はてブコメントより。

(注5) 「図録▽主要国における人口高齢化率の長期推移・将来推計」(『社会実情データ図録』様)をご参照ください。
 
(終)


(追記) 実は、後々調べてみたら、すでに『デフレの正体』に対する実に丁寧な批判は存在していました。『教材研究 高校 政治経済 現代社会 高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門 日経』様の一連の記事です。カテゴリとして、「藻谷浩介『デフレの正体』」の項目が設けられておりますので、そちらをご参照ください。
 お詫びといってはなんですが、その『デフレの正体』評の中身について、幾つか、かいつまんでご紹介をさせていただきます。

①「貿易黒字=その国の豊かさ」ではない
 貿易黒字額とは、あくまでも「外国への資金の貸出額」に過ぎず、「国全体の貯蓄超過」をあらわすものです。だから、「貿易黒字はどこへいったのか」の答えは,「海外の資産になった」であって、「「日本人の生活そのものが豊かになることを,必ずしも意味しない(岩田規久男(学習院大学教授) 『国際金融入門』岩波新書 1995 p44)」のです」。
 逆に、「好景気になると貿易黒字は縮小する」状態になります。

②日本が外需主導なんて、ウソです。
 「日本は、とっくに内需型です。外需主導なるものが、そもそも神話です」とのこと。グラフを見ると確かに圧倒的です。

③デフレは、先進国では日本だけ。
 曰く、「生産年齢人口が減り、高齢者が増え、買うものがなくなった」では、論証にならないとのこと。また、「各国の高齢化率(65歳以上の全人口に占める割合)は、日本だけが突出して高い(高かった)わけではありません」。
 拙稿も、同意見です。

④金融資産とは、帳簿の上にしか存在しない。
 1400兆円も計上される金融資産は、実際はその実体はない。帳簿上存在するだけです。「現在の預金準備率は、0.01%なので、計算上、銀行は100万円を日銀に積立て金として当座に預け入れるだけで10,000倍の100億円(正確には99億9900万円)、帳簿上存在しますが、「実態は無い」お金を、個人や企業に貸し付けることが可能になります」。


(コアコアな追記) コアコアCPIという指標があります。Wikipediaを見て分かるように、「インフレ、デフレ基調の度合いを見るときには、生鮮食品の価格は天候等の条件によって大きく変わるため、生鮮食品を除いた指数 コア CPI が使われる。また、エネルギー価格の変動が コア CPI に影響を与えるため、食料及びエネルギーを除いた指数 コアコア CPI が加わった。日本以外では食料及びエネルギーを除いた指数を コア CPI と定義している」のです。
 リフレ派の多くは、このコアコアCPIを指標として用います。つーか、日本の場合、物価を判断するなら、まずこれを使うのですが。
 問題なのは、このWikipediaにあるグラフ。なんだか、図だけ見ると、物価が上がっているように見えます。でも良く見るとこれ、「前年同月比」なんですよね。(以前、某前田氏が、少年犯罪のときに使った手口に似ているような……)
 実際の数字は、例えば「回復の兆しを見せる雇用とさらに深い底に達しつつある消費者物価」(『吉岡家一同おとうさんのブログ』様)のグラフをご参照ください。
 コアコアCPIの数字、下がってます。一応下がっていますね。デフレです ←結論。
 こういう小さい勘違いは、いけません。皆様、お気をつけを。


(デフレは起きているよ、という追記)
 なお、大瀧雅之「デフレは起きていない―現代日本の作られた悪夢―」が雑誌『世界』(2010年11月号)に掲載されています。一読するに、なんじゃこりゃ。論調は、むかし「大瀧雅之(編)「平成長期不況」」という記事で、bewaadさんが論難(?)していた内容と同じ。見事なまでのブレのなさ。銀行悪玉論ですか。
 で、デフレは起きてないという論拠ですが、何じゃこりゃ。macron_様がつぶやいておられるように、「CPI(総合指数)を使ってる時点でアウト」ですな。先生、コアコアしてください。
 コアコアCPIについて「日本の場合、物価を判断するなら、まずこれを使うのですが」って、さっき自分で書いちゃったんですが。どうしてくれるんですか、大瀧先生。
 あと、リフレ派のなかに、貨幣増やせばデフレ脱出、なんて考えてる華麗な御仁は存在しません。それは、反リフレ派の心の中にのみ住まう、藁人形さんです。
 例えばインタゲ政策は、政府・中央銀行が確たるコミットメントを市場に約束することで、期待インフレ率を上げるという、市場心理への間接的なアプローチがメインだとおもうけど。いっそ一度、浜田(宏一)先生と話し合ってくださいな。人間、話し合いが大切だと思います。

2010/10/16 一部改訂及び追記

コメント

No title

はじめまして。菅原晃と申します。

ブログ『高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門』について、お取り扱いいただき、ありがとうございました。

上念司様、飯田泰之先生など、著名な方から、ご支持を頂きました。

色々なご縁があり、現在

シノドス ジャーナル( SYNODOS JOURNAL )
http://synodos.livedoor.biz/

に、『人口減少デフレ論の問題点 菅原晃』が連載中(2010.10.8~)です。
合わせてご覧いただければ、幸いです。

どうもありがとうございました。

菅原先生、コメントありがとうございます。

 菅原先生、コメントいただきありがとうございます。
 マクロ経済学の知見は、マクロ経済学をきちんと修めていない人間にとってはなかなか理解するに難しいところがあって、そのためあのような「非科学的」な記述のある書籍が売れてしまっているのでしょう。個人的にも、まだマクロ経済学の知見は慣れません(笑)。
 サイエンスライターを必要とするのは、自然科学だけでなく、マクロ経済学もまた同じであることを、今回改めて実感するしだいです。

> シノドス ジャーナル( SYNODOS JOURNAL )
> http://synodos.livedoor.biz/
> に、『人口減少デフレ論の問題点 菅原晃』が連載中(2010.10.8~)です。
> 合わせてご覧いただければ、幸いです。

 (中)まで見せていただきました。
 (下)でリフレ政策批判に対する反批判が書かれるものと思いますので、そこを期待しております。今後とも活躍に期待しております。 
 コメントありがとうございました。

No title

ブログ『高校生からのマクロ・ミクロ経済学入門』は読みましたが、控えめに言っても「しっくりきませんね」。

ここで紹介されている範囲でも、

>①「貿易黒字=その国の豊かさ」ではない
そもそも、「豊かさとは何か」が定義されていないあいまいな議論です。
対外債務を膨らませながら、個人レベルでも借金し倒しで消費をする、ちょっと前の米国みたいなのが豊かさですか?ということです。
貿易黒字で生み出されるのは、海外に所在する日本の所有に帰する資産で、将来の輸入に使うことができます。アリとキリギリス、どっちが豊かですか?

>③デフレは、先進国では日本だけ。
藻谷氏の主張は、消費の総量ではなく、消費と供給のミスマッチです。高齢者に4LDKのマンションなんて、売れないでしょ?供給の構成を見ない議論では、藻谷氏への反論になりません。

>④金融資産とは、帳簿の上にしか存在しない。
それを言っちゃあ、管理通貨制は成立ちません、お終いよ、って話です。金融資産に実体はないというなら、金融負債にもありません。表裏の関係なんだから。そんな理屈で「政府債務に実体はない」って言って、安心できますか?日銀券だって、日銀に対する金融資産です。

権威に目をくらまされることなく、ご自身の目で見て判断されることを期待します。

逆に、藻谷氏がかわいそうですなw

 挨拶もなしに、ようこそお越しくださいました。
 こういうのは、菅原先生のブログに書き込むべきだと思いますがね。


> そもそも、「豊かさとは何か」が定義されていないあいまいな議論です。

 菅原先生は、「黒字=豊かさ」とか考えちゃう人を批判してるだけで、豊かさ云々とは述べていないんですよね。筋違いの反論はやめておいた方がいいと思いますよ。


> 貿易黒字で生み出されるのは、海外に所在する日本の所有に帰する資産で、将来の輸入に使うことができます。

 ちゃんと本文は読んだ方がいいと思いますよ。恥をかくから。
 確かに、海外にある日本(正確には日本国国民)の資産にはなりますけど、これって結局、日本のデフレ(まあ、需要不足)の帰結ですから。そこが問題であって。
 藻谷氏の、「デフレと貿易黒字」非両立論に対して、「え、両立するんだが」というのが、菅原先生の反論なんですけど、ちゃんと本文読んだかな?


> 藻谷氏の主張は、消費の総量ではなく、消費と供給のミスマッチです。高齢者に4LDKのマンションなんて、売れないでしょ?供給の構成を見ない議論では、藻谷氏への反論になりません。

 えーっと、そもそも藻谷氏の本、ちゃんと読まれました?そして、具体的な「供給の構成」とやらが書いてる箇所ありますか?ちゃんと、「供給の構成」のデータを挙げていましたか?
 ちなみに、ちゃんと高齢者も消費してるって、菅原先生は数度にわたって反論しているんですが(車も売れてるみたいですよ)。視力は大丈夫でしょうか。心配です。


> 金融資産に実体はないというなら、金融負債にもありません。表裏の関係なんだから。そんな理屈で「政府債務に実体はない」って言って、安心できますか?日銀券だって、日銀に対する金融資産です。

 えーっと、やはり視力に問題がおありなのかもしれません。心配しすぎて、胸が痛くなります。
 菅原先生、「政府債務に実体はない」云々なんて書いていないんです。(むしろ、借金っていうのは、景気がしぼんでも、そのままでは減ってくれない所が恐ろしいわけですが)
 先生が言っているのは、あくまでも、金融資産のお話に過ぎません。よく読んでみましょう。

 で、その金融資産ですが、「家計は1433兆円の資産を持っています。しかし、それらのカネは、右側の負債、たとえば、企業の借り入れ・株式・社債、家計の借金、そして政府の借金(公債)に回っています。」
 ですので、貯蓄は既に、貸出などに使われているんですね。
 それを「消費に回すということは、その14兆円分、負債を強制的に返済してもらうということ(貸しはがし)です。あるいは、家計が手放した債権(債務)を、誰か(政府・企業等)が肩代わりするということです。」
 「たとえば、家計が14兆円分の預貯金を引き出すとします。それは、14兆円分の「国債」が金融機関によって市場に放出されることです。あるいは、株や社債が14兆円分、市場に放出されるということです。こんなことをすれば、「国債」「株」「社債」は価格下落します。」経済が大混乱です。引き出す14兆円分、その価格下落を埋め合わせるに十分かどうか心配ですね。
 先生は、藻谷氏が「金融資産を取り崩せば良いよ」というのに対して、「え?そんなことやったら経済大混乱ですよ」と反論しているに過ぎません。

 ちなみに、「実体がない」件について。
 先生が話されているのは、銀行の「信用創造」のお話なんです。分かりますでしょうか。もし知らないという場合は、竹森俊平『経済論戦は甦る』や、岩田先生の『スッキリ!日本経済入門』をご参照ください(まあ、ご存知の様子ですが)。
 要するに、「預金者→銀行→企業→銀行→企業→銀行→企業」という風に、銀行が手持ちの現金以上のお金を企業等に順繰りに貸し付けることで、「最初の預金額の何倍もの預金が創造」されるわけです。先生が「実体がない」って言っているのは、これのことに過ぎません。
 「年金保険料も、生命保険会社の保険料も、家計の資産(債権)ですが、政府や保険会社の債務(負債)になります。これを繰り返すと、金融資産 (債権)も増えますが、金融負債(債務)も増えます。コインの裏表です。同じことを、重複計算しているので、実際の富(実物資産=国富)は増えていないのです。」というわけです。

 分かりにくいかもしれませんので、貴殿の主張に沿って反論しましょうか。
 ①「金融資産に実体はないというなら、金融負債にもありません。表裏の関係なんだから」というのは間違ってはいません。
 ②しかし、「そんな理屈で「政府債務に実体はない」」云々は、貴殿の勘違いだと思います。先生はそんなことを主張していませんし。藻谷氏が「金融資産を取り崩せば良いよ」というのに対して、「え?そんなことやったら経済大混乱ですよ」と反論しているに過ぎません。
 ③「日銀券だって、日銀に対する金融資産」ということですが、問題はそのようなベースとなるマネーのことじゃなくって、そこから「信用創造」によって増えたマネーの供給の問題ですので、貴殿は「信用創造」についてご存じないのかもしれません。


以上、適宜
http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-entry-414.html
http://abc60w.blog16.fc2.com/blog-entry-415.html
より引用しました。

> 権威に目をくらまされることなく、ご自身の目で見て判断されることを期待します。

 権威以前に、無知であることは避けたい、というのが、こちらの主張ですw 藻谷氏の主張は、きちんと把握しておいてから、菅原先生に反論しましょう。ちゃんと、藻谷氏の主張、読んであげないとかわいそうですよw

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。