スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脳内再生」の効果。

■ワーズワス、この近代文学の祖■

 平易な言葉遣い、自然の賛美、幼年期への郷愁、貧しい人々への共感、闇の力への畏怖など、ワーズワス詩の特徴は多岐に渡るが、瞑想的な傾向がとりわけ強い。自然を前にして人間が受ける感覚的な印象を […] 形而上学的な想像力を駆使して言葉にしている  (某書より引用)



■詩の理由■

 声に出すことで、私たちはこのヴァリエーションを狭めてしまうのではないか […] 恋人同士が明かりを消した室内で囁きあうとき、お葬式で久しぶりに会った人と世間話をするとき。 […] 密かにふだんの自分とは違う声で語ってみたいときもある。 […] 詩とは、こうした声にならない声を表現するのに格好のジャンルなのです。 (某書より引用)



■脳内再生の効果。■

 黙読とは確かに言葉をめぐる一種のフィクションです。 […] 実際には音にしないでやり取りする。しかし、音にしないからこそ表現されうるものが出てくる。声に出してしまったら壊れてしまうくらい、弱くて、小さいもの。  (某書より引用)



■エリオットのイデオロギー■

 批評家でもあったエリオットは、散文の中ではある種のイデオロギーを正当化するのが非常に上手でした。それも、よく読むとあまり根拠がないようなことを、巧みなレトリックで、まるでそれが当然であるかのように、うまくこちらにうなずかせるということをします。  (某書より引用)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。