スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体罰が少なかった江戸期において、それでもなお・・・

■権力者の恣意 VS 民衆の恣意 ?■

 江戸時代の法体系こそ「依らしむべし、知らしむべからず」の方針がとられ、刑法はその裏をかく行為が警戒され、この典型で非公開であった (某書より引用)


 
■親よりも君主優先、な日本国 orz■

 親に対する孝(行)と君に対する忠(誠)が矛盾する場合、中国では孝を優先させたのに対し、日本では忠を優先させるべきこととする。この考え方が定着してくるのはすでにふれた四代将軍家綱の頃かららしい […] さらに、中国では治者階級が被治者に対し、忠を要求することが少ないが、わが国では、しばしば庶民の奉公人に対しても、親方・主人への忠誠を尽くすよう布告し、 […)] 違反した場合は、刑法上特に厳罰に処した。 (某書より引用)



■薩摩名物・残酷☆生胆取り■

 「生胆取り」 […] 罪人の処刑日に、刑場に集まり、首が飛ばされた瞬間、 […] 死体を奪い合うもので、 […] チャンピオンシップは、一番下敷になって死体に取り付いていた者に与えられ、その者は […] 死屍を一睨して、 […] 生胆を抉り取るという。薩摩藩出身の維新の元勲もみな一度はこの経験があるという (某書より引用)



■体罰が少なかった江戸期において、それでもなお・・・■

 当時多数存在した継母・継子の関係や、徒弟(丁稚)奉公・農村(特に若者組)・遊女・やくざの世界では、体罰が多く行われていたことは引例に暇がないほどである。 (某書より引用)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。