スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国人犯罪とグローバル化 番外編(3)草野厚『政権交代の法則』

■来日外国人犯罪増加・凶暴化論へ反論してみよう■
 来日外国人犯罪増加・凶暴化論への反論、早速やってみましょう。

凶悪犯(殺人・強盗・強姦等)における来日外国人の割合は2004年で5.6%とされていますが、一般刑法犯の2.3%に比べると、2倍以上です。

 2004年時点での、日本全体での一般刑法犯の検挙人員は約38万9千人で、内凶悪犯が7519人で比率約2パーセント。来日外国人の一般刑法犯検挙人員が8898人で、内凶悪犯が421人で、約4.7パーセント。確かに、比率は来日外国人のほうが大きいようです。来日外国人の一般刑法犯のなかには、「凶悪犯」が多い、といえないこともないようです。
 しかし、外国人登録者数で計算した場合は、どうでしょうか(「外国人登録者数」を使用せざるを得ない理由については、。ここを参照)。2004年時点での外国人登録者数は約197万人です。ですから、凶悪犯の比率ばかりを考えすぎるるのもどうかと思います。
 計算すると、外国人登録者数の中における一般刑法犯検挙人員の割合は、約0.45%で、外国人登録者数における「凶悪犯」の割合は、約0.021%。枕を高くできる割合ですよ。くれぐれも、適切な認識と対処を、願う限りです。 (注1)

■80年代後半における外国人犯罪とグローバル化の関係■
 次に、こんな意見

過去10年だけではなく過去20年を調べてみますと、来日外国人の一般刑法犯は、84年が1,301人、94年が6,989人、04年が8,898人です。 過去10年で27%増ですが、20年前から比べると6.83倍です。

だそうで。「日本の刑法犯のうち“来日外国人”の占める割合ですが、84年0.29%、94年2.27%、04年2.29%。 過去10年では変わりませんが、過去20年では7.9倍となります。」と言う意見も同じでしょう。
 20年というスパンで考えよ、ということでしょうか。「図録外国人犯罪の推移」(『社会実情データ図録』様)を見てみましょう。
 確かに、87年から93年にかけて急激に、来日外国人の一般刑法犯の検挙人員が4倍に増加し、日本全体の一般刑法犯の検挙人員の割合も、0.5%から2.4パーセントに増加しています。87年の外国人登録者数が約80万人から、20年後に約130万人に増加していますが、割合は、やはり、来日外国人の一般刑法犯の検挙人員の方が増加しています。
 しかしこれを、単純に増加云々と大騒ぎするのは早計でしょう。むしろ、これはこの時期から来日外国人に「質的」な変化が起こったと見るべきです。上記の「図録外国人犯罪の推移」では、「港湾を出入りする貨物の中で国内貨物と貿易貨物との動きから1984年をグローバリゼーション元年」と述べています。
 このころから、日本もいやおうなしにグローバル化の波に巻き込まれ、外国人労働力を頼る社会構造を持ち始めたと見るべきでしょう。そして、流入してくる外国人の質的変化や、これまでいた外国人の日本における環境の変化が、このときあったと見るべきでしょう。単純に来日外国人犯罪の凶悪化云々を言う前に、先にこのように考察せねばなりません。次回、これを検討しましょう。

(続く)



(注1) 当たり前のことながら忘れがちな、大多数は犯罪に関係していない人だ、という事実を再認識するには、「在日コリアンを追い出せば犯罪激減?その1」(『ホンマかいな在日特権?』様)をお読みください。曰く、

すると在日コリアンで犯罪と無関係(としておきます)に生活をしている人の割合は全体の99・3%となります。/一方、日本人は99・7%が無関係とります。/(※再犯率や懲役中の人数などを考慮するとこの数字よりかなり少なくなるでしょう)/その差は0・4%です。/1・004倍です。

とのこと。当たり前ですが、重要な事実です。大半の外国人は、犯罪に関係しておらず、それは、日本人とたいして変わらないことなのです。

2009/1/10 内容修正済

TAG : 来日外国人 犯罪 グローバリゼーション

コメント

No title

ブログのタイトルを見ておもしろいなと思い一読したのですが
結局、外国人は日本人の1.5倍ほど犯罪を犯しやすいんですね。

その差は0・4%です。/1・004倍です。
のくだりを見る限り算数は得意ではないと思いますが、
イメージ払拭のためにこじつけの努力が垣間見えてほほえましかったです。

深夜に書き込まれたんですね。分かります。

> 結局、外国人は日本人の1.5倍ほど犯罪を犯しやすいんですね。

 えーっと、ちゃんと記事をお読みになられたんでしょうか。
 結局の所、「外国人登録者数の中における一般刑法犯検挙人員の割合は、約0.45%で、外国人登録者数における「凶悪犯」の割合は、約0.021%」っていう数字なんですよね。
 貴殿の言われる「1.5倍」云々っていうのは、あんまり意味のない数字なんですよ。

 「2011-06-18 01:23」って書いてあるんで、深夜にかかれたんでしょうか。
 次書き込むときは、ちゃんと目が開いた状態で書き込んでくださいねw
 
 念の為、書いた記事の内容を確認しとくと、
・当り前だけど、日本人の犯罪の方が多いです。
・っていうか、統計自体、結構問題含みなんですよね。
・労働人口の割合が比較的多くなるはずの外国人居住者数の事情を無視してません?
・大半の外国人は、犯罪に関係しておらず、それは、日本人とたいして変わらないよ。
・日本人との収入・所得の格差の問題や、人的資本等の相対的な欠如を無視するのはやめた方がいいですな。

 この内容を念頭に、その数字を考えろっていってるんですけど、ちゃんと分かっておられるでしょうか。


> その差は0・4%です。/1・004倍です。
> のくだりを見る限り算数は得意ではないと思いますが、
> イメージ払拭のためにこじつけの努力が垣間見えてほほえましかったです。

 え?
 これ、他の人の記述なんですよね。(「1・004倍」の件はともかく)良くお読みになってください
 もちろん、「在日コリアンで犯罪と無関係(としておきます)に生活をしている人の割合は全体の99・3%」で、「一方、日本人は99・7%が無関係」っていう事実も、当然認めるんですよね?
 そして、上に書いた記事の内容もお認めになるんですよね。(特に、経済的・社会的な処遇の問題)

 今度から、コメントを書くときは、最後まできちっと読みましょうね。
 次からは、ハンドルネームも、よろしくね。

No title

岩井(仮)さん返信ありがとう。
2年前の記事だったのでスルーされてもおかしくなく
正直、うれしいです。

約0.45%、約0.021%という数字は
国内の外国人犯罪者数を国内の外国人全人口(外国人登録者数)で割った値、在日外国人一人当たり犯罪率だと思います。
同じ条件で日本人の場合を考え、
日本の犯罪者数を日本人全人口で割ると
一人当たりの犯罪率は約0.3%、凶悪犯罪者率は約0.006%と
日本人より外国人の方が1.5倍犯罪を犯しやすいことがわかります。
もちろん、大半の人間が犯罪に関係ないのは当然のことです。

> その差は0・4%です。/1・004倍です。
この文はあまりに印象的でおかしく
深夜の疲れた脳に癒しをもらいました。
最後の2行に肯定的な文を載せられていたので
算数によわく数字のトリックに騙されやすいのではないかと心配しています。

よくよく引用記事を見てみると
「在日コリアンで犯罪と無関係(としておきます)に生活をしている人の割合は全体の99・3%」
ってことは在日コリアンの犯罪者率は0.7%。
記事中の外国人犯罪者率より高く、外国人全体の犯罪者率を引き上げているということなのでしょうか?

睡眠、大事です。

 管理人(本物)です。

> もちろん、大半の人間が犯罪に関係ないのは当然のことです。

 まあ、上に挙げた諸注意を踏まえたうえで、そうおっしゃるなら、別にいいんじゃないですかね。


> 深夜の疲れた脳に癒しをもらいました。
> 最後の2行に肯定的な文を載せられていたので
> 算数によわく数字のトリックに騙されやすいのではないかと心配しています。

 深夜に疲れているなら、ネットは控えられた方がいいと思います。
 健康のために。
 (まあ、心配はしませんが。)

 算数は苦手ですが、ブログのコメントにいちいち返答するのは、もっと苦手です。
 あと、自分のブログの記事を中途半端にしか読まない人も、苦手です。
 それと、ハンドルネームをテキトーに書く人も苦手です。


> 「在日コリアンで犯罪と無関係(としておきます)に生活をしている人の割合は全体の99・3%」
> ってことは在日コリアンの犯罪者率は0.7%。
> 記事中の外国人犯罪者率より高く、外国人全体の犯罪者率を引き上げているということなのでしょうか?

 在日コリアンの皆様になかなか興味をお持ちのご様子ですな。
 まあ、違う統計の数字を比較するのは、可能な限り慎重でありたいと思うのですが(第一、比較するなら、最低限、当該の年をそろえるべきな気がしますけど)。
 とりあえず、ご自分で調べてみたらいかがでしょうか。
 ただ、次回もし書き込むときは(そんなことはもうされないと思いますけど)、自分なりの調査をして後、書き込んでください。

 全く期待せずに待ってます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。